再生率が20%以下

永久脱毛というのは、脱毛処理をした一ヵ月後にムダ毛の再生率が20%以下になっている脱毛を指しています。意外と誤解されやすいのですが、現在主流になっているレーザーやフラッシュを使用した脱毛の場合、施術をした直後というのは見た目には何も変化がありません。


しかし、永久脱毛の施術は肌に直接触れることなく、ムダ毛の原因である毛母細胞に確実にダメージを与えていますので、数日経過すると徐々にムダ毛が自然に抜けていき、ほとんどなくなってしまいます。



ただ、この脱毛方法は成長期のムダ毛には効果がありますが、休止期や退行期に入っているムダ毛にはあまり効果が内というデメリットがあります。そのため、より確実に永久脱毛をするためには、何度か施術を繰り返す必要があります。


一番効果が見えるかみそりや毛抜きといった脱毛方法と比べると即効性はありませんが、それほど時間はかかりませんので気長にムダ毛が抜けるのを待ちましょう。また、全身脱毛をするときのデメリットとして、ムダ毛の毛周期や太さがそれぞれの部位で異なるという点が挙げられます。

永久脱毛をするときには、その部位に適した出力で脱毛を行いますので、全身の脱毛となるとムダ毛にあわせた出力調整が頻繁になり、一日で終了しないことがあります。似たようなムダ毛のタイプの箇所を複数処理していくケースがほとんどですが、どうしても短時間で脱毛をしたいというときには一日で全身の処理も可能なところを選びましょう。