全身脱毛は

全身脱毛は皮膚科や美容外科などの医療機関か、エステサロンで行うことができます。
まず覚えておきたいのは毛を作る組織を破壊させる行為ができるのは医療機関だけと決められているため、医療機関で脱毛を行うことが永久脱毛の効果が高いということになります。


医療機関での永久脱毛は種類がいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットがあることも知っておかなければなりません。医療機関では主に「医療用レーザー脱毛」が行われています。
エステサロンで行われるレーザー脱毛よりも強いレーザーを使用するため永久脱毛の効果が大変高いですが、その分お肌に与えられるダメージも大きくなります。


肌の弱い人や乾燥肌の人は事前のパッチテストで試すようにしたいです。
またレーザーが黒色に反応する仕組みであることからお肌が日焼けしていたり、色の濃いシミがあると施術後に日焼けのようなトラブルを引き起こす可能性があるので治まってから施術しなければなりません。

医療機関ではその他にも「ニードル脱毛」が行われています。毛穴1つずつに針を刺して電流を流して毛を作る組織を破壊する行為であり、医療機関で行われる脱毛の中では最も永久脱毛の効果が高く、どのような毛にも対応でき、かつ眉毛やヒゲなど一部だけを脱毛したい場合に最適な方法と言えます。


しかし施術にはかなりの痛みを伴い、かつ肌トラブルを引き起こす可能性も高いため、今では一部の医療機関でしか行われていません。痛みについては医療機関ですので麻酔が可能ですが、念のため確認は必要です。これらのデメリットをよく理解し、施術前のカウンセリングではしっかりと話を聞くようにしましょう。